2018年11月3日土曜日

メルカリ逝ったか?|横領?ユーザーを不安に陥れるサービスに疑問

佐藤も最近始めたメルカリですが、早くも暗雲立ち込めてます。


まとめサイトや他の報道機関でも騒がれていますが、フリマアプリ"メルカリ"で金銭トラブルが発生しているようです。


こちらが11月1日にTwitterでつぶやかれた、被害者の悲痛の叫び!
約30万円もの大金が、メルカリに吸い上げられていると言うのだ。


一体何が起きているのか。

ことの経緯は、このユーザーがメルカリに身分証の提示を求められたことから始まる。
売上金を支払うのに、本人確認が必要と言うことで、早急に身分証を提出するように言われたそうだ。

このユーザーは速やかに免許証のコピーを提出したが、しばらく待っても身分証承認が完了せず、メルカリに問い合わせても処理中と言うことで相手にしてもらえないと言う。

しかし、メルカリには売上金を現金またはポイントに還元するためには、一定の期間内に申請をする必要がある。

あろうことか、このユーザーは身分証をすぐに提出したにも関わらず、メルカリ運営の都合で利用制限を掛けられ、成す術なく、申請期限を過ぎて消えていく売り上げを眺めるしかないのだ。

11月5日までに申請が必要だと言うのに、それさえも封じられていてどうすれば良いと言うのか。

このつぶやきが発信されてから、過去にメルカリに売上金を巻き上げられたと言う被害者が何人も名乗り出ている。
この1件だけではなさそうなのだ。

これは大問題ですよ。
預かり金である以上、万が一にも会社の売り上げに加えようものなら、紛れもなく横領罪だ。
こんなことが許されるはずがない。

ヤフーニュースなどには、メルカリ運営からの回答として、順次個別に対応しているので回答は出来ないと書かれていたが、仮に売上金が無事返ってきたとしてもだ。

ユーザーをここまで不安に陥れる運営のサービスはいかがなものかと、疑問に思うのだが?

確かに色々と運営が忙しいのはわかるが、売り上げの一部を手数料として払っている以上、有料サービスであることに変わりはない。無料ではないのだ。
利用料を払うユーザーをここまでコケにして、自らの懐を肥やそうなどとは言語道断!

メルカリよ!
テメェはもう、おしまいだ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿