2018年11月8日木曜日

人気番組世界の果てまでイッテQ!でやらせ疑惑浮上

日テレの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」で、企画のでっち上げがあったと言う疑惑が浮上している。

現在佐藤もニュースの報道を見ながらこの記事を書いているが、同番組内の世界で一番盛り上がるのは何祭り?と言うコーナーで、実在しないお祭りを、まるで毎年開催されているかのように報道したと言うものである。

実際にはラオスで開催されたコーヒーフェスティバルに合わせて行われたらしいのだが、番組内では"橋祭り"と称して、特設のセット内で撮影を行ったと言うのである。


番組関係者は、今回が初回の開催だが実在しない祭りではないなどとした上で、誤解を招く報道について謝罪するコメントもしているようだが、現地のインタビューによると、ラオス在住の人々も口を揃えて「そのような祭りは聞いたことがない」「日本のテレビ局がセットを作って撮影させて欲しいと要請してきた」などと言ったコメントが見られ疑惑は深まる。

問題となっているのは今年の5月20日に放送された"橋祭り in ラオス"で、橋に見立てた全長25メートルの坂を自転車で駆け抜け、スピードなどを競うと言った祭りとして紹介されていた。

まあ、個人的にはエンターテイメントとして悪いことだとは思わないが、やはり誤解を招く報道をしてしまうと、それを一目見ようと現地を訪れる人も出てくるかもしれないし、この辺りの線引きはきちんとしておかなければならないと思う。

人気番組と言うこともあり、視聴率や周りの期待も大きいだけに、ネタを見付けるのも大変だとは思うが、今回の一見が今後の番組にどう影響するのか気になるところである。

0 件のコメント:

コメントを投稿